本文へスキップ

家庭の省エネ・省マネーを考えましょう 

家庭の省エネ・省マネー

■電気エネルギー管理

 こ家庭の電気製品の中でエネルギー消費量の多い機器は、電気冷蔵庫、照明器具、テレビの順となっています。電気の消費量を抑えるため、多くの労力を費やしたり、我慢する方法は好ましくありません。
 まず、それぞれの電気製品の特徴を知り、無理なく、無駄なく、快適なエコライフを創造しましょう。

       

          「総合資源エネルギー調査会省エネルギー基準部会(第17回)」資料より作成

■窓の断熱

 家庭の冷暖房エネルギー消費量を削減するためには、住宅の断熱対策が重要です。
 特に窓からの熱の出入りの割合は高く、その対策を行うことでエネルギー消費量を大きく削減することができます。
          

              平成4年省エネ基準レベルの断熱性能の住宅での計算例
                   出典:資源エネルギー庁ウェブサイト


■山陰エコライフ研究所の活動

活動報告写真

 家庭のエネルギーの使用量は、家屋の構造に大きく影響されます。また、ライフスタイルも様々ですので、いろいろな省エネ方法が考えられます。
 山陰エコライフ研究所は、快適な暮らしを最優先に、効果的な省エネ方法を研究していきます。


山陰エコライフ研究所

〒680-0843
鳥取県鳥取市南吉方三丁目110番地
光ビル内
TEL : 0857-32-7662
E-mail : sanin.ecolife@gmail.com